×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

どうやったら健康運動指導士になれる?

>>健康運動指導士とは?


■健康運動指導士って何?

「健康・体力づくり事業財団」が認定する民間資格。
生活習慣病の予防や健康維持・増進のために、医学や運動生理学の知識に基づいて、
安全かつ効果的な運動を行うための運動プログラムを作成し、指導する専門家のこと。

■どんなところで働ける?

活躍の場はフィットネスクラブや健康増進センター、保健所、病院、老人保健施設、介護保険施設など。

■どうしたらなれる?

資格をとるには、「健康・体力づくり事業財団」が主催する養成講座などを受講し、
認定試験に合格して登録を行う必要がある。

■試験に必要な条件は?

4年制体育系大学(教育学部体育系学科を含む)および医学部保健学科卒業者、
または体育系短期大学・専門学校を卒業後、2年以上運動指導に従事した者などに受験資格が与えられる。

■費用は?

21万4000円

養成講習会受講料が20万1000円、受験料が1万3000円。そのほかに登録料2万4000円が必要。

■取得期間は?

21日間

講習期間は21日間だが、最終学歴や規定の資格によって運動指導の実務経験が必要になる。

もっと詳しく知りたい!


健康運動指導士になろう!

リンク